samisami lab

ショップ
ご相談やご提案、お見積は無料 0979-43-5332 営業時間 9:00〜18:00(休日:土日祝)

保険について

安心してご利用していただくために

航空写真の撮影や防災調査など、
業務でのドローンの利用を弊社でも積極的に行っており安全に関しては十分に対策を整えた上で業務を行っていますが、
操作ミスによる落下や衝突などによって第三者の身体や財物にダメージを与えてしまう可能性はゼロではありません。
そのような場合に備えるために、
当社では三井住友海上火災保険株式会社DJIユーザー向け賠償責任保険(事業用)に加入しています。
ドローンの所有・使用・管理において、万一の事故に対応できるように整備しておりますので、安心してご利用ください。

保証内容

操作ミスによる物理的な損害(第三者への対人/対物)や、うっかり他人の部屋を撮影してしまった
(プライバシー侵害)場合などによって被った損害賠償責任が補償されます。

保険料について

ドローン1台当たりの1年間の保険料は以下の通りです

基本補償 1事故につき1億円〜10億円(身体障害・財物損壊共通限度額)
管理財産補償 基本補償と共通
人格権侵害 1名につき100万円
1事故につき1,000万円(免責金額なし)
初期対応費用 1事故につき1,000万円(免責金額なし)
訴訟対応費用 1事故につき1,000万円(免責金額なし)
追加被保険者特約 基本補償と共通
国外危険補償特約 基本補償と共通

賠償責任補償の事故例

  • 【対人(身体障害)賠償】

    ドローンの操縦ミスにより墜落。
    歩行者に直撃してケガを負わせてしまった。

  • 【対物(財物損壊)賠償】

    ドローンが突風にあおられ壁に接触し墜落。駐車中の自動車の屋根に墜落して車両の修理費の賠償責任を負ってしまった。

  • 【人格権侵害】

    ローンで地上を空撮した動画をインターネットへアップロードしたところ、付近のマンションの一室が意図せず映りこんでおり、プライバシー侵害として訴えられてしまった。